Sさんからいただきました。 2016.7.8

Simple R-2R DAC MK2

先入観で、何となくラダータイプは敬遠していましたので、初挑戦です。
好みの音色からいけば、真空管I/Vで作りたいところですが、
初めてなので手っ取り早さを優先して、オールMOSFETの半導体I/Vで
コンパクトに組んでみました。
音出しはFFASRC4392orSRC4137を使い、S/N的にも全く問題ないですし、
予想以上の素晴らしい音でビックリ!食わず嫌いはあかんですね。
侮れませんSimple R-2R。
有り難うございました。


とのことです。R-2Rも抵抗器の精度次第ですが、実用性能は十分に得られますから
シンプルな分、素直な音がでるのかな〜と思っています。






Sさんからいただきました。 2016.8.13

Simple R-2R DAC MK2 パートU

予想以上に素晴らしい音で、これは真空管I/Vでも聴いてみなければ
てな事で、早速組んでみました。
尚、今までI/VのレギュレーターはMOSFETを使っていましたが、
SiCMOSFETがだいぶ安くなってきましたので、今回より取り入れました。
音はやはり良いですね〜
こうなると、基板を配布していただいているRenewDAC1704を直ぐにでも
聴いてみたくなります。同時進行でDAC基板を乗せるだけになっているのですが、
いかんせん肝心なものをまだ入手していませんので、早急に何とかしなければ・・・
有り難うございました。

とのことです。いろいろと変化して楽しそうですね。
ここしばらくは暑くて暑くて、溶ける寸前です(笑)







Nさんからいただきました。 2016.10.31

既作DAC1242-5にSRC4137、combo384を搭載するなど改造しました。
構成は、SRC4137、combo384、DAC1242-5、ジッタクリーナSI5317、A7アンプ基板、電源基板TypeE・F、RA40-144です。
入力は、XLR×1、RCA×1、OPT×2、USB×1の5回路
SRC4137の出力→DSD固定、DAC1242-5→DSD固定、SI5317→SRC4137のIC10#8〜AK4137#33間にパタンカットし挿入しています。
A7基板の終段にSiC-MOSのSCT2120AFを使用、アナログ±24V電源は、音の切れを良くするため、定電圧回路を省き整流出力に
ブラックゲート1000μ/35V×2のみを付けたシンプルなものにしています。
combo384の出力をSRC4137基板のDSD1ピン、PCM2ピンにパラ接続しPCからのDSD信号→入力選択(DSD1)、PCM信号→入力選択(PCM2)
として選択することで対応しています。
なお、ブラックゲートによる音質向上効果は著しく50個ほど入手したのでDACのほかパワーアンプ、プリアンプなどに使いました。
静粛感が増し艶やかな音に変わっています。


とのことです。ブラックゲートってすでに絶版かと思っていましたが、まだ手にはいるのですね。
アンプに使えば、すごく効果がありそうな名前の響きです。












kkumax さんからいただきました。 2016.10.31

基板を頒布いただいてかなり時間が経過してしまいました。
とりあえず基本機能のケーシングが終わり試運転中ですが
画像を送付させていただきます。

今回、デザインと内部のサブシャシーの制限で
4行表示LCDが搭載出来なかったのが心残りです。
開発していただいたのに申し訳ないです。
(2行表示も開発していただいたお陰で必要な情報が得られています)

これからラズパイを入れようか?もう一枚AK4490-5v1を入れようか
あるいは外部の小型PCに電源供給出来るようにして見ようか?
はたまたAK4497EQを楽しみに待っていようか?
そんな思いもあり予備の電源を何も繋がずに搭載しています(笑)

お恥ずかしい限りですが日々の格闘をブログで紹介しています。
http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php

> ちなみに写真館に投稿してもいいですか?
もちろんOKです。煮詰まってないですが(笑)

シャシーは
http://tec-asai.com/tec-asai_home/
ここへQCADで図面を引いてお願いしました。
最初の計画ではフロントパネルはシルバーの予定でしたが
ダイヤモンドケガキ彫刻で墨入れは出来ないとの事で
急遽、ブラックパネルでデザインを検討してお願いしました(^_^;)


とのことです。やっぱりフロントパネルの仕上げは重要ですね。
手じかにやってくれそうなメーカがないか、さがさなくっちゃですね!









イッチーさんからいただきました。 2017.3.27

AD1860のDACを作りました。
構成は
NEW DAI FOR DF1706
→ シングルジッタクリーナ(SW付き)
→ DAC1706
です。

DAIとJCの間に新型メモリーバッファを入れたのですが、うまく動作しませんでした。
それであきらめました。

音質ですが、PCM1704ほど緻密ではないように思います。
でも聞きやすい音です。マルチビットの持つ音のきれいさはあると思います。
できたばかりなので、今後音質は変わってくると思います。

これからも楽しい基盤の頒布をよろしくお願いします。
BBSでは丁寧に解説していただいてありがとうございました。

とのことです。往年のマルチビットもなかなかいいですよね。
補足ですが、DF1706の出力は、いわゆるPCM出力ではないので、メモリーバッファーは接続できないんです。



Nさんからいただきました。 2017.3.27

DAC1860製作しましたので投稿します。
マルチビットDACは、PCM1704-8パラがありますが、今回リリースされたDAC1860-8パラと比較し音がどう違うか
試したくなり製作しました。
構成は、DAI→FFASRC、±5V→正負出力定電圧電源基板(TYPE-D)、±15Vおよび+5V→定電圧電源基板(TYPE-F)
DAC→DAC1860、電源トランス→RA144、ケース→OS 88-32-23SSとなっています。
CbおよびCcは、セラミックコンデンサーの代わりにルビコン製PMLCAP(1μF) を70個使いました。
FFASRCを使ったため、DAC基板にある7404の空いてる#3#4でLRをInvertしています。
試聴すると1704よりもナローな感じですが中域がしっかりしていて聴きやすい音でコスパは抜群です。
オペアンプが手元にあった安物なのでOPA627などに差し替えたりしてチューニンクしたいと思います。
今回も素晴らしいセットを有難うございました。

とのことです。OPアンプの置き換えなどは面白そうですね。これも往年のSINGLE→DUALの変換基板が復活したりするかもです。