I/O基板構想(再び?) 2019.1.6

 基板をつくったときに、単体で動かす場合には電源供給や信号の引き渡しにはワニグチクリップを
 多用します。しかし電源を供給にワニグチクリップをつかうのは接続ミスのリスクが常につきまといます。
 
 実験的に電源を接続するときはワニ口クリップが便利です。でも、接続間違いのリスクがつきまといます。

 現にFFASRCでは電源接続を間違えて素子を飛ばしてしまいました。また壊れなくても、逆接でヒヤリとした例は数知れずです。
また、多くのワニ口クリップだと、配線数が多くなると、ケーブルでぐちゃぐちゃになるのでもっとコネクタ接続ですっきりさせたいとことです。
  いまのところは、試作で不要になった基板類を活用して/IO基板にしていますが、使えるI/Oはかなり少ないです。
そこで専用のI/O基板があれば便利だし、I/Oをつけておけば、コネクタ接続でいつでもお気楽に動作させることができます。

 
 とりあえず不要になった試作基板のI/Oを活用はしていますが・・・・数が少ないです。


コネクタ接続できばとてもスッキリしますし、逆接の心配もありません。

そういえば

  実はこのI/O基板構想は過去にオーディオプレートという形で作ったことがあります。

以前に作ったオーディオプレートです。

このときは、かなり大き目の基板をベースにして、複数枚の試作基板が搭載できるようにしたものです。
標準サイズの基板なら4枚、ワイドサイズなら2枚搭載できます。さらに、電源回路も常駐させてあとはトランスを接続するだけというものでした。
これはこれで重宝はするのですが、いかんせんサイズが大きいです。いや、大きすぎたかな?
でも、これはTK-80というマイコンにあこがれて大きい基板をつくりたくて取り組んだテーマでもあったので、それはそれで成功はしたのですが・・。
このオーディオプレートは、これ一枚で済みますが、一旦組み込んだ基板の構成を変更するにはなり不便でした。

というわけで
今考えているのでは標準サイズあるいはワイドサイズでのI/O基板です。すなわち基板単体を簡単に動作
させるための役割にしようかと思っています 。
 
構想は
搭載できるI/Oは極めてシンプルなことを考えています。
 ・DCジャック(外部からのACアダプタでの電源入力。5V入力を想定)
 ・3Pのコネクタ(正負15V電源入力用かな?)
 ・RCAジャック(4つくらいあれば十分でしょう)。
 ・PHONEジャック(Φ3とΦ6の2タイプを搭載)
 ・可変抵抗(小型の2連のものを1つ)
 ・タクトスイッチ(4個)

 これらのI/Oは基板の縁にとりつくわけですから中央部は余ります。この部分はユニバーサルとしておきましょう。
 そうすればLCDも搭載することができます。


あたらしいI/O基板はこんな感じかな?

タクトスイッチは前面操作ができるものも
秋月からでていますね。これも実装できるようにパターンを描いておきましょう。
 
このタクトスイッチは便利そうです。

さてさて、企画は実現するかな?

基板を描いてみました。 2019.1.10

基板サイズとして標準用とワイド用を描いてみました。


こちらは標準用です。


こちらはワイド用です。

(つづく?)