前ページ(PAGE73)
山ゆ さんからいただきました。
 2020.4.4

自宅で過ごす時間が多くなり、この際にと写真館に投稿させていただきます。
機器構成は、レコーダプレーヤDENON DN-700R−DEQ2496−デジタル出力改造DCX2496−
DAC1794-1.5×3セット−High:自作300Bs loftin-whiteアンプ、Low:自作300Bp-pアンプ−
2inch compression driver+JBL2350horn,15inch wooferの2ウェイです。
DAC1794-1.5は将来の3ウェイ化が可能なように、3セットを1DINケースに入れました。
ウーファは仮設箱ですが、今後アルテック825型ホーンを製作する予定です。
また将来は、AK4499やROHM BD34301のハイエンドDACに取り組みたい思いがあります。

とのことです。入力(ソース)と出力(アンプ、スピーカ)はアナログ調で中間のデータ処理はディジタル調
という感じでしょうか。おもわずディジタルソースがどこにあるか探してしまいました。

<画像をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。>







yosさんからいただきました。 2020.4.28

スピーカーも増えたことだし、少し官能してみようとスピーカーセレクタを作らせて頂きました。
無駄にお金を掛けた豪華仕様です。(スイッチとかw) 久しぶりの工作は楽しかったです。
製作記事が以下にありますので、お暇な時にでもご笑覧下さいませ。
http://www.shirakami.or.jp/~yos/

とのことです。リレーも凝りだしたらきりがないですよね。
透明ケースのリレーも最近あまり見なくなったような気もしまが、動いているのが視覚的にわかるのでデバッグなどには
いですよね。リレーはOMRONのG2Rかな?




HIROSHIさんからいただきました。 2020.5.4

お気楽オーディオの基板を使ったシステムができたので投稿させていただきます。
  ●DAC(INNTAKHIF、AliEpressで買った9038Prox1のDACの改造版)
  ●プリアンプ(高精度電子ボリューム+リモコン機能+マルチアンプ対応)
  ●パワーアンプHigh(お気楽でないPA 2SK1529,2SJ200+TypeA+TypeB)
  ●パワーアンプLow(トライオードTRV-88)
  ●SPはJBL4301(2way)
DACはヒロさんのV-Reg2、VregS、ディジタルアイソレータ投入、IV抵抗/オペアンプ
交換で驚くほど音質向上し9038proの持ち味が生きていると思います。(IV回路は
メーカ推奨の1/2VccをIVアンプの正入力タイプでした)
プリアンプは高精度電子ボリュームに赤外リモコン機能の取り付け、自分で基板試作
したフィルタ基板でマルチアンプ対応しています。
パワーアンプはお気楽でない電流帰還アンプを使いました。やはりMOS−FETが好きで
す。
ほとんどの部分にお気楽オーディオの基板を投入しなかなか良いシステムができまし
た。


とのことです。かなり高いに実装密度です。JBL4301をマルチで動かしておられるということは、
ネットワークを飛ばしての接続ですね。

<画像をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。>










kkumaxさんからいただきました。 2020.5.5

タカチSLシリーズのアルミケースに入れたDAC4499基板の画像を送付させていただきます。
何時ものとうり予備穴だらけでお恥ずかしい限りですが
背面パネルはマルチシステム3wayまで対応可能にしたつもりです(笑)

無理に?お願いさせていただいたDIRonSRC4137基板を組み込んでI2S-PCMを二系統選択可能にしました。
ちょっと残念なのは入力ソース切り替えが個別ボタンで切り替え可能になっていない点です。
フライングで前面パネルを発注したので仕方がないのですが^^;
現在進行中の「インテグレーションを考える!の巻き」と合わせて
デジタルプリアンプ的に更に進化したカタチでリリースしていただければ嬉しいです。

現状、このDAC基板はすでにメインシステムに組み込んで運用していますが
まだまだ周辺回路を詰めきれていないため基板の性能をフルに生かし切れていない様に思います。
肝心の音は今までの旭化成製DACとは明らかに違う路線で素晴らしいと思います。
今後も御自愛いただき心ときめく基板のリリースをお願いいたしますm(_ _)m
--

いやいや、なかなかの物量投入ですね。旭化成のDACは消費電流も少なめなので、電源の余裕も1000%くらいありそうです。
#投稿いただいていから、掲載が遅れてしまいました(mOm)。。

<画像をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。>








ヒロの投稿です。 2020.5.15

超高次フィルタでの2WAY用のディジタルチャンネルデバイダです。
各基板はフルファンクションモードで動いているので、それを統合操作するためのINTEGRATION UNITを用いています。
詳細はこちらです。

構成: SRC4137 → DIV5142-2WAY → DAC4499(4chモード) → DAC4499-IV(OPA)
統合: INTEGRATION UNIT