(前頁76)

onajinnさんからいただきました。 2021.9.14

他にも完成及び完成途上の品があるのですが、SPDIFスプリッターが組み立て簡単
で空いたケース(別途製作予定用)にピッタリだったのでこちらを製作報告として投稿
いたします。もっとコンパクトで安価なケースに組み込めるのですが少し重みのある
ケースでないとケーブルに負ける?ので。複数のDACを同じソースで聴き比べなどし
たりソースによってDACを替えるなどがスマートにできて便利です。一応EMISUKEさん
のSPDIFセレクター(同軸&光)も製作してありますが、別系統で遊びたいこともありま
すので。
9VのACアダプターを電源としSWは省略(SW付のACタップもあるので)。気休めにアモ
ビーズを電源入口に装着。直にDACに接続よりアイソレーション効果なのか音質が
向上したような?



(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)

そしてRELAY ATTENUATOR基板も完成したので、急遽ケースを購入し組上げました。
併せて投稿いたします。基板上の配置から横長のケースにと当初考えたのですが、
設置場所や他の機器とのバランスもあり重さによる安定感でHENシリーズとしました。
結果フロントパネルがちょっと窮屈になってます。ぺるけさん設計の半導体ミニワッター
とはお揃いでぴったりです。
信号系の抵抗はTAKMANのREYをメインに0.1%の高精度をとりまぜて使用。
電源は5VのACアダプターを使用することにしてこちらもオマジナイでアモビーズに
通してます。
リニア電源でも考えてた時A12ーAmp基板によるバッファの追加やらを妄想しセット
の肥大化が懸念され断念。アース周りは投稿で先陣をきった目黒区のNさんのを
参考にしました。ありがとうございました。電源を入れた直後のLEDのギミックな点灯
が楽しいです。



(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)

Nさんとほぼ同じファインメットコアTRANS式ATT(トランスとロータリーSW及びケースは
共に未使用中古品をヤフオクで別々にゲットし組み立てたもの)と比較試聴してみました。
どちらも精緻なリアルさがありますが、TRANS式が少しコクミ味があるような印象を受け
ました。水彩の細密画に油彩のマチエールが加わった感じかな。抵抗の種類が違えば
又どんなだろう?
基板改版の際はVISHAY社のMELF抵抗なんかもつかえるといいな。


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)

とのことです。それぞれケースに納まると、使い勝手もよくなりますよね。
つまみの色が色々とあってカラフルです。ひょっとして赤なんかもあるのかな〜。


HIROSHIさんからいただきました。 2021.9.18

ヒロさん
基板の頒布ありがとうございます。
・DAC9038D+RENEW POWER-IV-C
・SRC4137 + CLK5340 超低ジッタクロック発振器
が完成したので投稿させていただきます。
DAC9038D+RENEW POWER-IV-Cは、5V電源に
スイッチングレギュレータ(+ノイズフィルター)を使うことで
スペースと作成工数を節約しました。(音質は問題ないと思っています)
SRC4137は、PiSRC4137が以外と良かったのでcomobo384を買ったついでに
DAIセンターとして作ってみました。ラックのスペース(高さ)が限られていたので
タカチのフリーサイズボックスALSFを使ってラックに押し込みました。
(ラックに収めた写真の真ん中は以前作った高精度電子ボリュームでのメインアンプです。)
音質はとても良くSRC4137にはSRCのバイパス回路も入れたのですが(combo384から直接出力)
ほとんどSRCを掛けた状態で聞いています。


とのことです。SRC4137は機能満載ですね。バックパネルは映っていませんが、入力は同軸、光、USB
で出力がHDMIかな? これだけあればなんでもこいですね。


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


Sさんからいただきました。 2021.10.1

PA-A2N?+MOSFET MUTE
パワーアンプはあまり作らないので、デッドストック化しているケースがあり
久しぶりにパワーアンプに挑戦してみました。
無帰還パワーアンプは一度も作ったことが無く、PA-A2Nに食指が動いて検討したのですが、
一寸試してみたいことやおまけも付けたい事もありますし、どう考えても基板がケースに収まりきらない様で、
予備実験で行けそうだったので、出来るだけ回路を省略してユニバーサル基板で密に組んでしまいました。
御容赦
初段ダイヤモンド回路からの出力はカレントミラーにして電流増幅しつつ2段目に渡していて、
ここだけ一寸悪さをしましたが、4段は2段に、カップリングコンデンサー無し
終段TR2パラは使うあてのない2SJ352/2SK2221としたので無帰還ですが、実質回路構成はPA-A2ぽくなっています。
ちなみに初段ダイヤモンド回路、2段目、3段目全て2SK213/2SJ76のALLMOSとしてアホなことをやってみました。
VRも付けていますが、マルチに使う事を想定したレベル調整用で、フルには絞れません。
DCオフセット、終段過電流の保護回路で終段電源を落とすようにしていますし
MOSFET MUTE基板も付け、終段から電源を取っていますので、もしもの時にはSPを切り離してくれますので、
SPの保護はまずまずでしょう。
回路電圧は終段のみ26Vで他は32Vです。
入力ショートで初段3mA2段目6mA3段目7mAほど流れています。終段アイドリングは300mA程度流しています。
入力感度2.2VPP(もう少し感度が低い方が扱いやすいかも)ゲイン約26dB、クリッピングポイントは21.5VPくらいで、
終段過電流の検出抵抗を入れていますのでこれをパスすれば最大出力は30W程度でしょう。高域特性の−3?は350KHz程度です。
変なことをしたり半導体の選別が良くない割には、わりとまともな特性になってくれたようです。
マルチ用にあと2台作りたくなってきました。
有難うございました。

実装密度が高いですが、綺麗な配線ですね。かなりの手練れとみました!


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)


(写真をクリックするとオリジナルサイズになります)